LEGIT DESIGN

ブログ

その他 / 2014年12月25日
  • Posted by

はじめまして

LEGIT DESIGNのWebサイトをご覧の皆様、はじめまして。

私は鬼形毅と申します。このブログでは、私自身のモノつくりへのこだわり、ロッド作りへの熱い想いを綴るのはもちろんのこと、フィールドでのテスト風景やバスフィッシングを中心とした釣行レポート、ルアーやボート、その他のタックルのよもやま話を気ままに書いていこうと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

私が釣りに出会ったのは小学校5年生の夏休み。翌年にはバスフィッシングを始め、この素晴らしい趣味、遊び、文化に魅了され続けています。

中学、高校時代は高速バスにテントと釣り具を持ち込んで山中湖へ通ってみたり、近所の野池を巡ったりしてバスを追いかけていました。

大学に入り、車の免許を手に入れてからは霞ケ浦、神流湖や山中湖に通い始めました。北海道や西表島で自給自足と釣りの旅を楽しんだり、海外を放浪したりもしましたが、常に心の中心にはバスフィッシングがありました。

 

就職活動もバスフィッシングに関わる仕事を、と選び都内のメーカーに就職。数年の営業経験ののちにバスロッドの開発を担うことになりました。同時にJBトーナメントへの参戦を開始。トーナメントは見ることも出ることも大好きで、アメリカのバスマスタークラシックやツアー戦を観戦に行ったり、JBトップ50の選手と同船プラをしたり。自身の試合でも優勝を含め何度かの上位入賞もありましたが、結果よりも試合中に肌で感じるもの、様々なフィールドに足を運ぶことを重視してきました。

 

トーナメントもロッド作りも、私にとってはバスフィッシングの一部です。いまや釣りに行くことも仕事の一部となりましたが、仕事も含めたバスフィッシングはライフワークと言っていいでしょう。楽しみながら真摯にLEGITなモノつくりを目指していきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします!

 

20141224122017

Posted by
鬼形 毅

15年余にわたり、バスロッドの開発に従事してきた経験を活かし、開発者としてはライバル関係にあった飯高博文とともにLEGIT DESIGNを設立。バスフィッシングは12歳の時に始め、以降はライフワークと呼べる存在。トーナメントは1998年に参加し始めで現在に至る。出るのも見るのも楽しい。