LEGIT DESIGN

ブログ

その他 / 2019年03月06日
  • Posted by

【USトリップ:釣具屋巡り-前編】

北大祐プロのアメリカデビューである2019年バスマスター オープン第一戦「トレドベンド」へレジットデザイン3人で応援に行ってきました。

今回の目的はもちろん応援でなのですが、本場でバスフィッシングを取り巻く環境やその他諸々の空気感を吸収して、レジットデザインの製品やサービスなどを通じて日本のユーザーさんに我々なりの解釈でお返しできるようにと考えています。

その中で今回は出来るだけ多くの釣具屋さんを視察に回ったので雰囲気だけでもご紹介します。


先ずはダラス空港からレンタカーで直行したのはバスプロショップス(グレープバイン店)。お決まり定番の大型アウトドアショップで、分かってはいるものの、とりあえず壮大さを確認!やっぱり大きい!

Collage_Fotor1

DFW空港から直行でバスプロショップスへ。米国への挨拶のようなものか!? わかってはいるけれども広い。もはやT.Oは日本人枠ではないレベルにまで浸透している。

Collage_Fotor2

ジャックハンマーは20ドルオーバーの高級品!でも今回回ったすべてのお店に入っているほどの定番商品!*お大型水槽はバスプロショップスの楽しみの一つ!*この国においてホッカイロは画期的商品!made in USA の小林製薬製でした。

 

 

続いては全米の台所、ウォルマート。広大な敷地に食品、衣類、家具から家電はては猟銃やアウトドア用品も取り揃えのある巨大スーパーセンター。
当然釣具もあって、その品揃えも充実!釣具専門店ではないので、その地域で釣れるルアーやカラーを徹底して並べるので特徴が分かりやすい!そして何より安い!

Collage_Fotor3

スーパーマケットと侮ることなかれ。必要最低限どころかボートパーツまで充実している。

Collage_Fotor4

パワードリンクの充実具合が半端ない*。海外で寿司と言えば、握りではなく「寿司ロール(海苔巻き)」。

 

その次はバスプロショップス(シュリープポート店)
二階建てでかなり広くハンティング用品、キャンプ用品、ボートなども非常に充実している。
バス用の主要なルアーは日本に入っているのという意味では驚きは少ないが、圧倒的な物量と世界観の提案に裾野の広さを感じずにはいれない。

Collage_Fotor5

シュリープポート店の外観はオールドテイストになっており雰囲気抜群!*エントランスにはスミスウィックのクラッシックルアーが大量に展示!なんと一部は鬼形も持っている言うので驚いた!

Collage_Fotor6

「父」ではなく、斧でした。*赤ん坊の頃からバスプロショップス漬け。*ボートの展示も豊か!!(注)すしざんまいの社長ではなく、弊社の社長です。

Collage_Fotor7

*動物の剥製が多くあるのもいかにも、らしい。*バイザー、かっこよくないですか?レジットでも作ろうかな?*ディスプレイがいちいちカッコいい*TOKYO RIG。かなりの人気で売り切れ続出中。プロショップでも「TOKYO RIG」ないか?と聞いている人を普通に見るくらいポピュラー。

Collage_Fotor8

まぁ、こうなるよね。。*アウトドア活動→金がいる→働く→給料出る→用品買う→アウトドア活動→・・・・の無限ループ。

 

お次はトリードベンドのほど近いローカルショップ「トリードタウン&タックル」。ガススタと併設され、バスボートを引いたフルサイズのSUVと言うか、もはやトラックがどんどん給油に来てはタックルを買っていくお店。    現場型という事で、取り揃えも充実していてローカルルアーもバッチリ!

Collage_Fotor9

まず、メニューがイケてる!そして、ここのブレックファーストが美味い!

Collage_Fotor10

品揃えはそこそこマニアック。ローカルベイツはもちろん、スカートやクローワームのバラ売りまで揃っている。*アパレルも沢山あって店としてもクオリティが高い!

 

IMG_3965

このショップのオリジナルTシャツ。かっこよくないですか?! 欲しくないですか??プレゼントキャンペーンとかしちゃおうかな・・・

 

Posted by
レジット デザイン

レジットデザインの公式ブログアカウントです。レジットデザインからのお知らせなどを投稿します。