LEGIT DESIGN

ブログ

トーナメント / 2021年04月09日
  • Posted by

スタッフ清水、NBCチャプター南千葉 第1戦 つり具藤岡カップ 初参戦で準優勝!

4月4日に高滝ダムにて開催されたNBCチャプター南千葉第1戦つり具藤岡カップにおいて、準優勝することができました。優勝まであと一歩…非常に悔しいです。プラクティス〜試合当日についてレポートします。
【プラクティス】
プラクティスに入ったのは前週土曜日の半日のみ。時間が限られていたのと、半年以上ぶりの高滝ダムでの釣行でしたのでエリアと釣り方を絞る作業からスタートしました。高滝ダムと言えば「ワカサギ釣り」をイメージする方も多いと思います。それくらいワカサギが多く、バスからしたら餌に恵まれているリザーバーてす。ワカサギパターンがハマると強烈なウェイトが出せるのは把握していたので、ワカサギの産卵絡みの川筋への遡上を意識しながら、川筋を上りました。
下流からチェックし川の中流域から上流へ行くと、ワカサギの姿がチラホラと。バスのスクールも何ヶ所かで発見し、ルアーへの反応も良好。ライクの3インチ、スイムベイト、ビッグベイトなど多彩なルアーで釣れました。その中でもWSC64XHとギルロイドJr.(魚皮チューン)のコンビで釣れた1900gのナイスフィッシュは痺れました!ワカサギ関係ないじゃん!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、ご了承ください。ビッグベイトが好きなもので…笑

水質や時間帯など好条件が整っていたこともあり、3本で5100〜5200gと良い感触を得てプラを終えました。

南千葉1
【試合当日】
参加人数60名弱で遅めのフライト…いろいろな事が頭をよぎりました。しかし自分の中で川の釣りをやり切ると決めていたので、スタートから一気に川の上流域を目指しました。ポイントに到着するとバスの姿をちらほら発見。プラクティスの時より明らかにバスの量が減り、ナーバスな状態なのがすぐにわかりました。そんな中スイムベイトでバイトがありましたが、すぐにフックアウト。吸い込みも弱く、反応も決して良くはなかったので、一気にフィネスな釣りにシフトしました。

9時頃、数匹のバスが小規模なオーバーハング+カレントのヨレに入って行くのを発見。フィーディング待機場?のようで、魚が出たり入ったりしている状況。スワンプスキニーのノーシンカーを上流部にキャストしてドリフトさせると1匹が好反応!!そしてそのままバイト!!1100gをキャッチ。釣った直後にスクールが散ってしまい、しばらく待っていると1匹のバスがオーバーハングの下へ。同じパターンで綺麗にドリフト。かなりショートバイトでしたが、どうにかキャッチして1500gを追加!

その後、他の選手たちも同エリアに集まり、魚影も薄くなった為中流域に移動。リミットメイクを優先して、各スポットをランガンしました。チャンスはありましたが、物にすることはできませんでした。完全に実力不足です…

あっという間に13時となり帰着。リミットメイクできていない時点で「お立ち台に絡む事は無いだろう…」と凹んでいました。しかし私が思っていたより状況が厳しかったようで、まさかの2位。1位の方とは約500g差。あと1本を絞り出す力が足りませんでした。もっと修行しなければ…

トーナメントシーズンは始まったばかり!!ハイシーズンに向けて、気を抜かずにチャレンジし続けます!運営スタッフの皆様、参加者の皆様お疲れ様でした。

南千葉4

南千葉3
【タックル】
ロッド:ワイルドサイド WSS64XULミドストSPフィネス
リール:ヴァンキッシュC2500HGS
ライン:エアブレイド0.05号+グランドマックス1号
ルアー:スワンプスキニー(ノーシンカーワッキー)
フック:スーペリオMⅡフック♯5

 

南千葉2

Posted by
レジット デザイン

レジットデザインの公式ブログアカウントです。レジットデザインからのお知らせなどを投稿します。