LEGIT DESIGN

ブログ

西堂コラム / 2019年08月26日
  • Posted by

旅のお供にマルチピース!多彩なフィールドで大活躍!

皆さんこんにちは!フィールドテスターの西堂です。お盆を過ぎてから朝夕の風が秋めいてきた今日この頃。お盆休み中に帰省先や遠征先で釣りに行かれた方も多いのではないでしょうか?

先日、私は少し長めの休みが取れたのでふらりと旅に行ってきました。旅のテーマは色々なタイプのフィールドを思いつくままに行ってみよう!というもの。裏テーマは観光とグルメ!ということで

・大移動は青春18キップを使用し、JRを利用

・公共交通機関で移動しにくい場所にはレンタカーを利用

・経験の無いフィールドで釣りをする

・レンタルボートを低予算で利用

・道中行きたいと思う所があれば立ち寄る

の5つの基本方針のみを決め、事前に計画をあまり立てずに出発しました。用意したロッドはマルチピース5本とBOX3つにライジャケ等。大きめのスーツケースとリュックにまとめて電車でGO!です。

このスーツケースとリュックで天然湖から河川、管理釣り場まで!

このスーツケースとリュックで天然湖から河川、管理釣り場まで!5タックルが入っているとは思えないほどコンパクト。

旅の初日は東へ移動。道中、尾道でラーメンを食べ栄養補給したり、姫路でお城に立ち寄ったりと思いつくままに途中下車をしながら京都を通過。琵琶湖の横を通るなら釣りをせねば!ということで1ヶ所目のフィールドは琵琶湖に決定!調べると琵琶湖チャプターが開催中&過去に南湖は行ったことがあるので北湖を候補に。しかし駅からのアクセスの良いボート屋さんが見つからず…チャプターエリア外の瀬田川エリアへ2馬力船で出船!瀬田川エリアは自分にとって未知の領域なので出船時からワクワクしっぱなしでした。

朝はWSS68XH-5を使用して大き目のトップ、その後はWSC68M-5でシャッドテールワームのスイミング、WSC611MH-5でテキサスリグにてウィードを打つ展開。

しかしながら噂に違わずこの時の琵琶湖はタフ!という噂通りの無反応…このままじゃいかん!とちょっと深めのラインに手を出してみることに。

今回は2馬力船でエレキ無し、ということで風に流されながらWSS63L-5で1.3gのネコリグをキャストしているとちょっとした地形変化を感じ、何か釣れそうな気が…魚探は無いので63L-5から伝わる感覚を信じてアンカーを投入。丁寧に探っているとギュンとバイトしたのは45cm弱のバス!立て続けに短時間で15cmくらいの可愛いバスと50upまでキャッチに成功!63L-5の感度に助けられました。

変化を感じ、ライトリグを操り、魚をキャッチする。5ピースでも違和感なく釣りの動作をこなすことが可能!

変化を感じ、ライトリグを操り、魚をキャッチする。5ピースでも違和感なく釣りの動作をこなすことが可能なことを体感!

釣りが終わってからはさらに東へ。成田でレンタカーを借り、2ヵ所目のフィールドは新利根川。色々な大会が開催されているフィールドという事で雑誌や動画では見たことがあるものの、実際に行くのはもちろん初めて。お借りしたボートは魚探レスなので目に見えるものを打とう!という事で新利根下流の真珠棚から釣り始める事にしました。まずはWSC68M-5で5gダウンショットをキャストすると2投目でバスとご対面!癖のない、色々使えそうなロッドという印象。

魚が浮いているように感じたのでWSC611MH-5に持ち替え、ファットイカのノーシンカーで真珠棚をフリップ。するとすぐに48.5cm(松屋さん計測)のキッカーが!太軸4/0フックをガッツリ掛けられるパワーとキャスティングからフリップまでこなせる長さがいい塩梅です!当然魚とのやり取りもグイグイ寄せれて瞬殺ランディングでした。

主導権をしっかり握ってランディング。アラミドレインフォースメントのトルクはマルチピースでもはっきり感じられる。

主導権をしっかり握ってランディング。アラミドレインフォースメントのトルクはマルチピースでもはっきり感じられる。

その後はせっかくだからという事で川を上流方向に流しながらキャスト。クランクベイトを68M-5で巻きまくっているとポンポンと2つキャッチできました。中層をテンポよく早巻きしましたが68M-5は巻き物でも大活躍!汎用性が高い事を実感することができました。

その後はモツ煮込み定食に舌鼓を打ち、密かに憧れていたバッチを頂いて北へ移動。

 

打って良し、巻いて良しの両モデル。どんなフィールドでも活躍間違いなし!

打って良し、巻いて良しの両モデル。どんなフィールドでも活躍間違いなし!

3ヵ所目のフィールドはフィッシュイン前橋へ。バス専門の管理釣り場は九州にないのでこれまたドキドキ。噂には聞いていましたが魚影も濃く、見えバス多数でテンションアップ。63L-5で色々なワームをキャストして複数本キャッチ!物にラインを掛けてチョウチンで誘ったりピッチングでアプローチしたりと小技を駆使しましたが素直なテーパーなので1本あると本当に便利なロッドです!

 

釣りの後は群馬から長野まで足を伸ばして野尻湖へ。スモールマウスに初挑戦です。スモールの釣りの中で雑誌や動画で良く取り上げられているのは「虫パターン」。イメージ先行ですが是非この釣りを体験したいという事でこの日のメインはWSS610ML-5を使って虫パターンに決定。PEにリーダーを組んで使用しましたが糸がらみも無く、快適な使用感でした。着水したルアーを見に来るスモールに興奮しながら釣っていくも寸前で見切られまくり…ルアーが合ってないと中々食べてくれないようです。

試行錯誤の後、ついにスモールがバイト!フッキングのストロークがしっかり取れるレングスとパワーのお陰で私のビックリ合わせでも難なくキャッチ。ファイト中は何度もジャンプする姿に「カッコいい~!!!!」を連呼。人生初スモールをゲットできました!

PEラインでもトラブル無しのガイドセッティング。ラインを釣り方に合わせるだけで様々な釣り方に対応可能!

PEラインでもトラブル無しのガイドセッティング。ラインを釣り方に合わせるだけで様々な釣り方に対応可能!

その後は63L-5でディープのライトリグに挑戦。ダウンショットを中心に3インチワームのネコリグ等も使用可能でした。

野尻湖での釣りの後は信州そばを食べたい!と蕎麦屋さんをランガンしたり、レンタカー返却後も熱海の温泉や広島のお好み焼きを堪能したりと帰路も満喫。

終わってみればJRで往復2400キロ、レンタカーで1000キロと大移動な旅となりました。これだけの移動距離をフットワーク軽くこなすことができたのもマルチピースの携帯性あってこそ。普段使っているワンピースロッドを持って同じ行程をこなすと電車の中、乗り換えの移動、お店に立ち寄るとき、小型レンタカーでの移動時…あらゆる場面で不便なことが満載。手軽に移動可能という点が旅のお供におススメな点の1つ目です。

今回の旅で立ち寄った場所や食べ物の一部。これだけ回ってもストレスフリーなのもマルチピースの旅ならでは。

今回の旅で立ち寄った場所や食べ物の一部。これだけ回ってもストレスフリーなのはマルチピースの旅だからこそ。

 

おすすめな点2つ目は、1本1本のロッドの癖のなさです。マルチピースシリーズに共通するのは対応する釣り方への「幅の広さ」。ウエイト別にロッドを選択すれば違和感なく釣りをすることが可能です。今回は色々なフィールドで使ってみて強くそれを感じました。

今回持って行ったロッドでは

WSS63L-5:一般的な重さのネコリグやダウンショット等のライトリグ全般

WSS610ML-5:5gくらいまでのリグや長さと硬さを活かしたロングキャストが必要な釣り全般

WSC68M-5:3/8オンス前後のルアーの巻き物&ワーミング

WSC611MH-5:1/2オンス前後のルアーの巻き物&ワーミング

WSC68XXH-5:1オンス以上のルアーのロングキャストから重量級ルアーを細かく操作する小技まで可能

 

といったもの。持っていくことができるロッドの本数が限られる状況ではこの「幅の広さ」が最大の武器。ラインやリールを釣り方に合わせて替えてやると可能性は無限大です。まさに「マルチ」なロッド!

 

おすすめな点3つ目は、1ピースモデルと比べて違和感のないベンドカーブとロッドのトルクです。「継ぎ目が多いからギクシャクしたテーパーなのでは?」「継ぎ目があってもアラミドのトルクは健在なのか?」と1ピースモデルと比較して考えがちですがキャストしてみると違和感なし!準備と片付けの時以外は5ピースであることを忘れる使用感でした。

 

豊富なラインナップでフィールドの特性や釣り方に合わせて高次元で対応するロッドが見つかる1ピース「ワイルドサイド」シリーズとはまた違う印象の「マルチピース」シリーズ。旅先で未知のフィールドや魚との出会いを楽しむためのアイテムとしてバッグに忍ばせてみてはいかがでしょうか。

 

今回のこの記事が皆様の旅の一助となれば幸いです!

Posted by
西堂 洋幸

1982年生まれ。2010年から福岡チャプター、翌年からJB九州に参戦を開始。遠賀川、北山ダムを中心にトーナメントに参戦している。オフショアのピンスポット攻略を中心に戦略を組み立てる事が多いが、状況に応じてシャローのランガンも得意とする。趣味は魚探掛け。

• 主な成績
2018 NBCチャプターチャンピオンシップ西日本大会/優勝
2015  JB九州第4戦遠賀川/優勝
2014 チャプター福岡年間成績  年間1位
2014 チャプター福岡第5戦遠賀川/優勝
2014 チャプター福岡第3戦遠賀川/優勝
2013 JB九州第2戦遠賀川/優勝
2012 チャプター大分第4戦松原ダム/優勝