LEGIT DESIGN

ブログ

釣行記 / 2018年08月16日
  • Posted by

<灼熱のお盆琵琶湖チャレンジ2DAYS in 2018>

長らく琵琶湖に出ていなかったので状況が分からない上に、情報ではアオコだらけで非常にタフな模様。

一人ではマトモに釣れる気がしなかったので、初日は友人の安井プロにガイドをお願いしました。
fullsizeoutput_4905

このアオコ・・・。 バスクリンと表現されることがあるけれども、こんなに透明度のないバスクリンは入りたくない。。。

今回の目的は、カナダ藻ドームのパンチショット(リーダーレスダウンショット)の釣り。
効率の良くないこの釣りをこなすには、たまーに琵琶湖に来て有効なエリア、もっと言うとそのエリアの中の「このストレッチ、そしてこのドーム!」というスポットを広い琵琶湖の中から短時間で探し出すのは自分には難しい。
fullsizeoutput_49a0

ロッドはWSC610H。自分的にこの釣りには現ラインナップで最高傑作! ルアーは平村プロも溺愛のフリックシェイク6.8in、ウェイトは潤さんのパンチショット14g。フックはスピードセッター4/0。*写真は翌日の物です。

安井さんは朝イチに「1日5バイトです。確実に獲ってください。全部50upですから。」と。
終わってみれば↓写真のとおりで本当に朝イチに言われたとおり!
さすがプロガイド。
(写真にしていない魚も有り)
予定外はロクマルの雷魚(笑)
Collage_Fotor安井

7’2″シリーズよりも圧倒的に操作性に優れるWSC610H。もちろん繊細にリグを操れるから何をしているかが完全に手に取るように分かるし、竿の自重も軽いので勝手に集中力も出やすい。←これ大事。 グリップの長さも丁度良くてサクサクととても快適に打っていけるので手放せない。

翌日はとりあえず教えてもらった事を参考に自分で組み立て。
この日の結果は4バイト4フィシュ。
ただ内容が前日と少し違っていて、パンチショットでは50cmに少し届かずの48cmx2匹と若干パワーダウン。
と言うか打ち込むドームが昨日ほどの精度を出せていないのでその結果だと思う。
この精度こそ広い琵琶湖で「でかいバスが複数取れるか否か」の差。
自分の経験と知識の貧しさを思い知った。
数箇所打てども打てども反応が得られないので11時のタイミングでシャローのチャターゲームにシフト。
Collage_Fotor個人

チャターゲームで寸止め海峡の59cm。 ロッドはイベントでも「個人的にはチャターロッドと思っています」と何度も話してきたWSC69MH。フロッグロッドですが、弾性が高すぎず素直な曲がりでシングルフックの巻物に抜群によい!昔は73XH+クラスを使っていたのですが、ドでかいのが来るとルアーごと丸呑みになって、竿が硬いせいで20lbラインがあっさりと合わせ切られる現象が頻発。この釣りは挙動破綻寸前の高速巻きなので合わせたときはグッと曲がり込んで、なおかつこのサイズでもきっちりと穫れるアラミド補強の力強さを備えた69MHが理にかなって、とにかく好き!

結果的にはこの釣りのほうが全然良くて52cmと、寸止めの59cmを1時間足らずでゲット。正解の釣りにたどり着いた時はすぐに答えが出て気持ちいい!
もう少しやり込めばまだ釣れそうだったけれども怪しい雲と稲妻が比叡山を覆いだしたので即撤収!
暑くて人も多いお盆の琵琶湖でしたが新しい発見も沢山あり、それなりに楽しめました!全部GoPro動画も撮れているので機会があれば公開しますね!
Posted by
久保 貴正

レジットデザイン裏方全般担当。
前職は大手外資系キャンプ用品メーカーで全国のお店やキャンプ場のスタッフにキャンプノウハウを伝授。バス釣りは20年来の趣味で、何気にジャパンスーパーバスクラッシック出場経験も。アウトドア関係ではテレビ、雑誌、ラジオ、DVDなどの出演多数。海外放浪グセ有り。