LEGIT DESIGN

ブログ

平村コラム / 2015年12月31日
  • Posted by

2015年・年末のご挨拶

2月のレジットデザインとの契約からほぼ1年、怒涛の月日が経過しました。

新しいロッドブランドという事もあり、不安もありましたが、多くの皆様にご愛顧頂けた事を私からも心から御礼申し上げます。

私自身もロッドメーカーの移籍となり、今シーズンはワイルドサイドの特性を理解しながら、その使い道を探っていた部分も多かった一年でした。番手により相性の「良いもの、悪いもの」様々でした。

想定よりも使い道が広かったり、狭かったり、ロッド番手のイメージと実践の感覚を一致させる為の作業が前半戦は続いており、秋ぐらいからほぼ全ての番手を理解できるようになりました。

同時にルアーメーカーも移籍していた事もあり、「ルアーは違う、ロッドも違う」と春先はかなり混乱していましたが、これも今年1シーズンを終えて、ようやく1年のサイクルで使うべきもの、自分の釣りと相性の良いものがハッキリとしてきたように思います。

ワイルドサイド自体も今シーズンの発売モデルはベーシックなアイテムに限られていたので、特殊な釣りに対応させるには難しい部分もありましたが、その辺は来期の発売となるモデルで十分にカバーしていけると思いますし、開発担当には十分に伝えて、来期モデルとして登場してきます。

琵琶湖で言えば、クランクベイト、バイブレーションにはWSC66MLしかなく、随分と苦戦してきましたが、それは来期アイテムで解決すると期待しております。

一年間使い続けたからこそ、ワイルドサイドの琵琶湖での不足しているラインナップが見えてきたので、まずはそこから来期へ進んでいきます。

本年のご支援、ご愛顧ありがとうございました。

2015-11-27 011
(truth 事務所より琵琶湖を望む 2015年12月31日)

Posted by
平村 尚也

レジットデザイン契約のプロスタッフ。琵琶湖南湖を中心に年間200日を越えるフィッシングガイドを行うフルタイムガイド。学生時代からトーナメント活動を中心に琵琶湖でのチャプタートーナメントなどで入賞を繰り返す。その後、全国をトレイルし、東北の桧原湖での優勝経験あり。
近年はトーナメント活動を休止し、ガイド、ライター業を通じてバスフィッシングに専念する。オフシーズンにはトラウト、海外釣行を楽しむ。フィッシングガイドにおいては長年のキャリアから南湖から北湖まで、数釣りから型狙いまで幅広くフォローする。初心者からベテランまで対応。