LEGIT DESIGN

ブログ

トーナメント / 2016年06月19日
  • Posted by

JB TOP50 第2戦 優勝への道(後編)

<FINAL DAY>

前回のさめらうダム戦ではビッグウェイト狙いに時間をかけすぎバックアップの釣りが出来る時間が少なすぎたのが敗因。(結果的にはビッグウェイトを持って帰らなければ勝ちはなかったけど。)

その反省を含め、今大会の決勝日はまずは5匹のリミットメイクを再優先。揃ってからが勝負!というプランを組んだ。

 

その目論見通り、最下流エリアのガレ場、そして稲生川の5メートルに入り前日同様3.5gライトキャロで早い時間帯に最低目標のリミットメイクに成功。

スクリーンショット 2016-06-16 11.28.18

グッドサイズに思わず顔もほころぶ。アドレナリンが全開になる瞬間!

約1000グラムのナイスフィッシュも入り、まずまずな展開。あとはウェイトを伸ばすことだけに集中し、コツコツと細かな入れ替え作業を行い、11時を回ったタイミングで再び稲生川の5メートルに再アタック。

Collage_Fotor

フィールド、他の選手、自然状況、タックルセレクト・・・あらゆる事を考えて、丁寧に丁寧にウェイトを重ねる。

そして今大会の優勝を決定づける1300グラムのキッカーフィッシュをキャッチすることに成功!

スクリーンショット 2016-06-16 11.29.47

思わずガッツポーズ!!!オトナをこんなに熱くさせる トーナメントは最高だ。

その後も手を休めることなく「あと1匹!あと1匹!」と自分に言い聞かせ狙い続けたが、そのままタイムアップとなった。

 

th_DSC_4124

検量の時間。緊張から顔がこわばる。さて、運命やいかに!

 

そして、運命のアナウンスコールが鳴り響く。

 

 

 

「優勝、北大祐!!」

 

スクリーンショット 2016-06-16 11.30.16

一つ一つの動作に意味がある。一つ一つの道具に必然性がある。地道なプラクティスと試合展開へのアジャスト力に応えるタックルセッティングが勝利へのカギとなった。

 

最終日は3386グラム/5匹で単日2位の好ウェイトをマーク。トータルウェイトをただひとり10キロ台に乗せて優勝。今年の目標の一つでもあった「4年連続・4度目のTOP50優勝」を達成することができ嬉しく思う。またさめらうダム戦のリベンジを果たせた。少しは成長できたかな。

DSC_4241

4年連続4勝目!レジッターの皆様の応援はちゃんと野村ダムまで届いていましたよ!!本当にありがとうございました!!

そして!ワイルドサイドは「TOP50でも勝てるロッド」という証明ができたことが本当に嬉しいし、ホッとしています。

まだまだシーズンは序盤。今後も過酷なトレイルは続いていきますが、今後も変わらぬ応援宜しくお願い致します。

 

 

 

<タックルデータ>

*ウィニングタックルについての動画も撮っています。後日改めてレジットデザインより公開されると思いますので楽しみにしていてくださいね!!

 

3.5gライトキャロ用

ロッド:WSS-ST65L

リール:ステラ2500

ライン:シューターFCスナイパー 4LB

リーダー:Vハード 1号

ワーム:ウォブリング3

 

ノーシンカー用

ロッド:WSS-ST63ML(プロトモデル)

リール:ステラ2500

ライン:PE-EGI ULT 1号

ワーム:エコドライブスティック 3.5

 

ノーシンカー用(バックスライド)

ロッド:WSC66M

リール:KTF 13メタニウム

ライン:シューターFCスナイパー 12LB

ワーム:バックスライドクラーケン

 

ノーシンカーワッキー用

ロッド:WSS61UL

リール:ヴァンキッシュ2500

ライン:シューターFCスナイパー 3.5LB

ワーム:エコカットテール4

 

ボート:サウザー395

魚探:ロランスHDStouch12

 

 

<写真引用元>

http://www.jbnbc.jp/_JB2016/view_result.php?t_id=10020

http://www.jbnbc.jp/_JB2016/view_result.php?t_id=10020&page=story

Posted by
北 大祐

北大祐(きただいすけ)1982年生まれ。
フィッシングガイド業を営みつつ、2006年よりJBトップ50に参戦し、通算4勝、年間優勝1回。その他にもJBエリート5やJBクラシックでの優勝、マスターズ年間優勝(A.O.Y)も果たしており、JBタイトルを全て獲得したグランドスラマーのひとり。スピナーベイトなどのファストムービングルアーが最も好きと公言しているが、スタイルの偏りは全くなく、超が付くライトリグからビッグベイトの釣りまでを的確に、深く、そして精度高く使い分ける。
最新の魚探を駆使して徹底的にフィールドを調べ上げるのはもちろんのこと、新たなルアーのチェックや、チューニングを行うなどの研究熱心さを持ち、道具の選択眼にも鋭いものがある。
自らの情熱のすべてをバスフィッシングに捧げ、年間300日近くを湖上で過ごす、真のフルタイムプロアングラーである。

主な成績
2016年 バサーオールスタークラシック 優勝
2016年 JBトップ50 年間優勝
2016年 JBトップ50第2戦(野村ダム) 優勝
2015年 JBトップ50第5戦(霞ケ浦水系) 優勝
2014年 JBトップ50第1戦(七色ダム) 優勝
2013年 JBトップ50 年間優勝
2013年 JBトップ50第3戦(霞ケ浦水系)優勝
2011年 JBクラシック(野尻湖)優勝
2009年 JBエリート5(遠賀川)優勝
2008年 JBマスターズシリーズ 年間優勝
2007年 JB河口湖Aシリーズ 年間優勝
2006年 JBマスターズシリーズ 年間優勝